Smoking Kills

禁煙チャレンジブログ

喫煙者におすすめのホワイトニングランキング|ヤニ汚れ以外の口臭予防や口内環境改善にも最適

喫煙者におすすめのホワイトニングランキング|ヤニ汚れ以外の口臭予防や口内環境改善に最適

※2018/04/10更新

喫煙者、ならびに元喫煙者が気になるものといえば、ヤニ汚れ

本来であれば、自己判断ではなく、歯科医などの専門医を受診するのがベストです。というのも、喫煙はヤニ汚れだけでなく、口内にも様々な悪影響を与えます。

このページでは、そんな喫煙によるヤニ汚れが気になるあなたのために、“喫煙者(元喫煙者)におすすめのホワイトニングランキング”をまとめました!

一緒に白い歯を目指していきましょう!

実際に歯医者さんでインタビューしてきたぴょん!

お茶好きやワイン好きの人にもおすすめのランキングにゃー!

 

喫煙によるホワイトニングの注意点

一口にホワイトニングと言っても、大きく分けると、歯医者で行う行うオフィスホワイトニングと、(歯医者の指示のもと)自宅などセルフで行うホームホワイトニングがあります。

先に言ってしまうと、短期間にホワイトニング効果を実感したいという場合は、歯科医によるホワイトニングをおすすめしておきます。

それでは、それぞれのホワイトニングについて解説していきます。

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの違い

おおよそ検討はつくと思いますが、歯科医で施術を行うホワイトニング方法のことを、オフィスホワイトニングと言います。

これに対し、ホームホワイトニングは、 自宅で行うホワイトニング方法です。

解説

オフィスホワイトニング

  • 過酸化水素と呼ばれる、歯の色素を分解する成分を主成分とした薬剤を歯に塗布し、その後、光を照射します。そうすることで、薬剤の作用を高め、効率よくホワイトニングをしていきます。

ホームホワイトニング

  • 自分専用のマウスピースを作成し、歯科医の指示・管理のもとで行います。マウスピースにホワイトニング剤を塗布し、装着することでホワイトニングをします。

 

どちらも漂白効果のある、過酸化水素を主成分としている*1ため、実行には少し注意が必要です。

次章ではその辺りを解説していきます。

どちらも過酸化物が使われているぴょん!

速攻効果を出したければ歯科医(サロン)に直行にゃー!

 

過酸化水素によるホワイトニングはミネラル分が失われる 

オフィスホワイトニング(過酸化水素によるホワイトニング)は、エナメル質を被う、ペリクル層という被膜とミネラル分が一時的に失われてしまいます

施術後、冷たい飲食物などを控えるのはもちろん、ヤニも着色しやすい状態のため、最低1日(24時間)程度は喫煙を控えるのが理想です。

加えて、濃度の低い薬剤(10分の1程度)を使用しているとはいえ、ホームホワイトニングも同様に、施述には注意が必要です。

ホームホワイトニングは、効果を実感するまでには少し時間がかかります。毎日継続して行う(同じ時間帯に約2時間:2週間~2か月程度)必要があり、日々の着色の蓄積はしにくいものの、1時間程度は喫煙を控えた方が望ましいです。

細かくいえば効果が期待できない人も歯もあるぴょん!

着色の度合い強かったり、歯の表面に細かい傷や凹凸あったり、被せものや詰め物が多かったり、神経のない歯が多いと効果が薄いので注意にゃー!

 

ホワイトニングにかかる期間と費用

煙草以外の飲食物(カテキンを含むお茶類、チョコレートやコーヒー、赤ワイン、カレーその他色の濃い食べ物など)によっても色素沈着は起こり得ますが、日本人の平均はA3.5というのですから驚きです。


photo by Dental Prosthetic Services

芸能人、またはパッと見で歯が白いと思えるのは、A1以上とも言われています。※画像があまり綺麗ではありませんが光の加減で多少変化します。

ここまで白くするには、オフィスホワイトニングホームホワイトニングどちらを選んでも問題はありません。でも、当然ながらかかる費用や期間が異なります。

それぞれにかかる費用と期間の解説をしていきます。

 

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは、歯科医による施術のため、1回の施術で効果が実感できます。数回(2、3回程度)通えばさらに白くなったと実感できます。

費用は、使用する薬剤や機械、また歯の本数によって異なります。

オフィスホワイトニング

  • 期間:1回〜数回
  • 施術時間:約1時間程度
  • 効果の目安:1回目から効果を実感できるが色戻りが早い
  • 費用目安:¥15,000〜¥50,000

 

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは、2週間以上(1ヶ月程度)必要です。その上、ホワイトニングには毎日2時間程マウスピースを装着しなければならないため、ほんの少し根気が必要です。逆を言えば、通院の必要がなく社会人向けとも言えます。

費用は、マウスピースとホワイトニング剤の合計となります。通販でもホームホワイトニングキットは購入可能です。

ホームホワイトニング

  • 期間:2週間〜2カ月
  • 施術時間:約2時間程度(マウスピース装着)
  • 効果の目安:2週間から効果を実感でき色戻りが遅い
  • 費用目安:¥10,000〜¥30,000

 

これらを見てわかる通り、どちらもメリットデメリットがあるぴょん!

どちらも併用して行うのがホワイトニングにはベストにゃー!

 

タバコのヤニ汚れに効果的なホワイトニング方法

喫煙によるヤニ汚れの原因はご存知タールです。

歯の表面には、ペクリル層と呼ばれる、歯をコーティングするタンパク質の層があります。そのペリクルが、タバコに含まれるタールと化学結合することでヤニ汚れとなります。

ただこのヤニ汚れ、実は口を濯いだり、歯を磨くことで簡単に落ちてしまうんです。

本章では、タバコのヤニ汚れに効果的なホワイトニング方法を解説していきます。

ヤニ汚れのメカニズムと除去方法

ヤニ汚れの原因はタールです。

ここでは、ヤニ汚れにスポットを当てていますが、コーヒーに代表されるカフェインや、紅茶や緑茶に含まれるタンニン、赤ワインやチョコに含まれるポリフェノールも歯のステイン(着色汚れ)の要因になる原理は同じです。

それでは、簡単に解説していきます。

ヤニ汚れが起きる理由

  1. ペリクルがタールと化学結合
  2. ぺリクルとタールが歯の表面に付着(半日から1日)
  3. 磨き残しなどによりぺリクルとタールがさらに強固に付着
  4. タールを絡めた状態でペリクルが歯を再度保護
  5. 喫煙によりペリクルの上にさらにタールが付着

 

しかしながら、ヤニの原因となるタールは水溶性です。前述の通り、水に溶けやすい性質があるため、その場で対処すれば簡単に落とすことが可能なんです。

ただ、放置すればそれだけ根強く沈着してしまいます。

喫煙者がよくやってしまいがちな、歯磨き後の就寝前喫煙はもってのほかです。

そんな簡単に落ちてしまうタールですが、喫煙量や食習慣、年齢など個人差はあるものの、大多数の方がメンテナンス不足。社会人ともなれば、飲食後や喫煙後にいちいち口をすすいだり歯磨きなんか現実的に不可能ですからね。

手遅れになる前に、しっかりと自分の歯は自分で定期的にメンテナンスしていきましょう!

普段の生活の中でどうにかするのがベストだけど現実問題難しいぴょん!

プロに頼むのが手っ取り早いけど時間は有限、できるだけ縛られたくない社会人にはホームホワイトニングがおすすめにゃー!

 

喫煙者におすすめのホワイトニングランキング 

巷には、歯磨き粉、ジェルなど、ホワイトニングを謳った様々な製品が販売されています。

まず結論から言うと、市販のホワイトニング歯磨き粉で歯を白くすることは不可能です。

ですが、市販で売られているほとんどの歯磨き粉には、研磨剤が含まれているため、歯磨き不足による黄ばみはブラッシングで除去できます

ではなぜ、市販品で過酸化水素等の漂白成分のあるホワイトニング剤のようなものが使用できないかといえば、日本の薬事法により、規制されているからです。

ただ、薬事法上も、効能として(歯磨きにより)“歯を白くする”とか“ヤニを落とす”といった記載は可能です。

詳しくは割愛するとして、歯磨き粉には通常、多かれ少なかれ研磨剤が含まれています。ある意味綺麗にするだけならどの歯磨き粉でもOKということです。

代表的な成分は清掃剤のハイドロキシアパタイト、研磨剤のシリカ、着色汚れを分解するポリリン酸やピロリン酸などがあります。

と、成分を並べられても素人にはわかりませんよね。

それでは、これらを踏まえた上で、人気の「喫煙者におすすめのホワイトニングランキング」をご紹介していきます!

 

第1位:プレミアムブラントゥース

自然由来のオーガニック成分(ココナッツオイル、ウーロン茶エキス、茶カテキン、パパイン)が配合された人気のホワイトニング剤です。

アメリカなど、海外ではホワイトニングは当たり前。 歯の黄ばみを落とすには様々な方法がありますが、お金や時間がかかるので、毎日継続することが大変。

そこで、“簡単に続けられるホワイトニング”として誕生したのが「プレミアムブラントゥース」です。

実は本製品は化粧品。だからこそ必要な成分が厳選して配合されており、研磨剤は不使用で安心して使用できます。

品質とコスパを選ぶならおすすめのホワイトニングです。

  • 通常の歯磨きと同時併用可能
  • セレブ・各種メディアで取り上げられる人気商品
  • 返金保証対応で安心
  • 市販の歯磨き粉より割高
  • 継続がやや大変

 

第2位:オーラパール(OraPearl)

ジキニンで有名な製薬会社「全薬工業」が、長年の研究により開発した通販限定の歯磨き粉「薬用オーラパール」。

健康な歯と美白を同時に育む「口内環境改善エイジングケア」を謳い、ホワイトニングだけでなく口臭予防、歯のトータルケア成分を配合しているため、専門家からもお墨付きの評価を得ています。

ステインがつきやすいワインやコーヒー、お茶等が好きな方や煙草を吸う方におすすめです。

  • メジャーで高品質な薬用ホワイトニング歯磨き粉
  • 口臭予防を含めた口内のトータルケアが可能
  • 薬用成分による爽快感
  • 市販の歯磨き粉よりやや割高
  • 塩味が苦手な人は不向き

 

第3位:ビースマイル(.be smile)

ホワイトニングがごく当たり前に浸透しているアメリカで人気の「ビースマイル」。

海外セレブはもちろん各種メディアにも掲載され、さらには品質の高さから数々の賞も受賞しています。

歯の汚れを落とす、薬用ホワイトニング歯磨きジェルで、何年も沈着した落ちにくい歯の汚れや黄ばみや食べ物などによる強固なステインも「.be smile」で除去できます。

もちろん本製品も、殺菌・抗炎症作用があり、虫歯や歯周病予防もしてくれます。歯と歯茎の健康を守ってくれるジェルタイプのホワイトニング歯磨きジェルです。

  • 通常の歯磨き粉と同じ要領で使える
  • 無添加で安心して使える
  • 定期購入でプレゼントがもらえる
  • 歯磨き粉としては割高
  • しっかり歯磨きできない人は不向き

 

第4位:ディノベートデンタルホワイトプロ

歯科医師監修の元、開発されたメディアでも取り上げられる、ヤニ取り、デンタルケアで人気のホワイトニング剤です。

ピロリン酸ナトリウムとDL-リンゴ酸でしつこいステイン汚れを取り除きます。液体歯磨き粉なので普段のブラッシングでスキマの汚れにアプローチしやすいのがメリット。

楽天ヤニ取りランキング(ヤニ取り・デンタル部門)や@コスメでは堂々のランキング1位獲得の商品です!

  • 有名ECサイトのコスメ部門でランキング1位
  • 1本3役で歯と歯ぐきを健康に!
  • 200人限定1日たったの50円!
  • 2回目以降はやや割高
  • 定期購入した方がメリットが大きい

ランキングは随時更新していくぴょん!

とにもかくにもヤニ汚れはこまめに洗浄するのが理想にゃー!

 

あとがき

歯は一生の付き合いです。

喫煙者や元喫煙者は、喫煙していることでの口内環境への影響も少し省みた方がいいかもしれません。

歯茎に栄養が届きにくくなったり、細菌の繁殖、歯茎の黒ずみ、口臭、さらには肌トラブルや抜け毛などデメリットはあってもメリットはありません。

かつては喫煙者だった著者も今ではすっかり非喫煙者です。 禁煙と同時にオーラルケアしてみてはいかがでしょうか。

*1:過酸化尿素は分解される過程で過酸化水素となります

Smoking Killsをフォローする

Copyright© Smoking Kills All Rights Reserved.