Smoking Kills

禁煙チャレンジブログ

禁煙開始1日目(初日)の心と体の変化 | 案外誰でも出来る禁煙初日

禁煙開始1日目(初日)の体の変化 | 案外誰でも出来る禁煙初日

つい先日、禁煙を始めました。

必要に駆られて、というよりなんとなくで始めた禁煙生活。1日あたり15本〜、20年以上の喫煙歴を持つ管理人が、とうとう禁煙を始めたのです。

若干のタイムラグはありますが、リアルタイムに近い状況で、今後も体調の変化や、禁断症状などを公開していきます。

今回は「禁煙初日」に感じた体調の変化などをお送りします。

初日は気合いと根性で誰でも出来る!

喫煙を辞めた後にすぐ体の変化が現れるらしいぴょん?!

 

禁煙スタート1日目(初日)

禁煙開始数分から始まる禁煙効果

まずは初日の体調変化ですが、その前に、禁煙することで得られる体の変化をおさらいしておきます。

定説は、禁煙開始(喫煙)したその後から、喫煙による変化(ダメージ)を元に戻そうと身体は動き始めると言われています。

4,000種類の化学物質、200種類以上の有害物質、そして50種類以上の発がん性物質を持つタバコ。私たちの身体は、これほど多くの化学物質による被害があっても、こうして常に回復しようとしてくれるんです。

ネット上にすでに溢れている情報(上位サイト)のほとんどがアフィリエイトサイトなので、情報の真偽は正直わかりませんが、禁煙効果の時系列は下記の通りです。

禁煙効果の時系列
20分後 血圧が正常化し始める、頻脈が改善する、手足の皮膚温が上昇する
8時間後 血液中の酸素濃度が増加し始める
24時間後 心筋梗塞・狭心症になる確率が下がる
48時間後 味覚・臭覚が回復し始める
72時間後 ニコチンが身体から完全に消える、気管支が広がって呼吸が楽になる
2~3週間後 循環が改善する、歩行が楽になる、肺機能が30%アップする、肌がすべすべになる
1~9ヵ月後 せき・たん・易疲労感・息切れが改善する、呼吸器感染が減少する
5年後 肺がんになる確率が半分になる
10年後 肺がんになる確率が1/10になる

出典元:http://www.w-3-w.org/

比較的どこのサイトでも似たような情報は出てきます。

できれば医療法人のサイトから引用したかったんですが、コンパクトにまとまっていてわかりやすかったので上記資料を使用させていただいています。

こうしてみると、辞めることでのメリットは言わずもがな、かなり大きいですよね。

禁煙のための準備

私は禁煙するにあたり、タバコのみを排除(吸いきった後禁煙開始)しました。

私は手巻きタバコの愛煙家だったので、ペーパーやフィルター、ローリングマシーン(全く使ってませんが)など、タバコに関するアイテムは家の中にゴロゴロとしています。

ですがそれらは処分していません。あくまでもタバコのみ。

ライターももちろんそのままですし、灰皿にはタバコの吸殻も残っている状態でスタートさせました。

ただ、タバコがあるとどうしても自分に負けそうなので、タバコだけは視界に入れないようにしました。

では次章より、著者自身の体感を時系列でお送りします。

だって捨てるの勿体無いしちょうど無くなってからでいいじゃん!

こいつあったら吸うぴょんか?!

 

禁煙による心と体の変化

禁煙開始20分

この時点で吸いたい衝動に駆られる方もいるようです。

ただ20分というと、通常の喫煙時でもこのぐらいの間隔になることは多々ありますし、体感として何か感じたかというと、一切何も感じていません。

20分で音をあげてるようなら絶対禁煙できないよ!

禁煙開始1時間

20分も1時間も大して変わりません。

“我慢している”というのを頭で考えると、吸いたい衝動に駆られますが、何か作業をしていれば、別段キツくありません。

社会人なら1時間我慢するなんて日常茶飯事だよね!
余裕!

禁煙開始2~3時間

この辺りから、禁煙を自覚し始めます。

ただ、耐えているという感覚はそこまでなく、吸いたくてどうしようもない状況ではありません。

脳内で吸っている自分を想像したり、どこからともなくタバコの香りが香ってくると、「ハァ〜・・・ハウゥ〜ン・・・」と声にならない声が出始めます。

禁煙のことを考えたり、喫煙所から香るタバコ臭だったり、テレビで吸ってるのを見たりすると「吸いてぇ〜!!」ってなるよ!

禁煙開始5時間

ある意味一皮剝けるための時間な気がします。というか、これまでの延長線上なので、辛さが少しずつ増していきます。

吸いたいけど吸えない、この葛藤と戦いながら飴を食べたり、ガムを噛んだり。

私はこれが合わないので、速攻でベイプに走りました。

VAPEのおかげで吸っている動作(喫煙習慣)がそのままできるからまだまだ余裕!

禁煙開始8時間

資料によれば、血中の酸素濃度が増加し始めるとのことですが、体感としては何も感じません。

個人的には5時間も8時間も変わりません。

フルタイムワーカーは8時間というとちょうど勤務時間のソレに該当します。サラリーマンだと、この辺りがターニングポイントとなりそうですね。

人間の活動時間は16時間〜18時間ぐらい!
アフターファイブをどう乗り切るかが鍵だね!

禁煙開始10時間〜

ここからはもうひたすら耐えるのみ。

吸いたい、吸えない、を繰り返しながら、だましだまし時間の経過を待ちます。テレビを見るもよし、映画を見るもよし、読書をするもよし、アプリで遊ぶもよし。

個人的には「両手が塞がる熱中(没頭)できること」ならなんでもいいと思います。

この後はもう時間増えても変わらない!
ひたすら耐えるのみ!

 

禁煙開始から一日目を終えての感想

10時間以上は割愛しておきました。

というのも、1日目はとにかく耐えるのみ。

ただ、個人的に感じたのは、さほどキツくないというのが正直な感想。

私はVAPEにすぐに逃げたので、吸いたい衝動を“吸う動作”で解消できるため、そこまでイライラすることなく1日目を終えました。

すでに別記事で書いてしまってはいますが、この時点の感想は余裕です。

逆に禁煙失敗する人は、相当意志が弱いか、決意が固まっていないかのどちらかではないかと思います。

電子タバコがあったからこそかもしれませんが、初日は誰でも気合いで乗り切れます!

 

私自身は必要ありませんでしたが、禁煙外来で通院したり、時間やお金を注がなくとも様々な方法があります。

下記は、書籍も書いている禁煙専門鍼灸院、きんえん堂鍼灸院の武本秀治氏のDVDです。

書籍が苦手という方は映像で試してみるのもいいかもしれませんね!

映像版は下記よりチェック!

「タケモト式禁煙療法」DVDをチェック

気合いと根性で乗り切れば翌日も余裕??

それはまた次回の記事ぴょんねー!

 

あとがき

少し補足すると8時間経過で、血中酸素濃度が増すと同時に、害悪である一酸化炭素濃度も減るそうです。

これにより呼吸が楽になり、めまいや疲れなども軽減されていきます。

これらのことは私は一切感じませんでしたが、喫煙者は常に酸欠状態なんです。

一刻も早くこの状態から脱出して、1日耐えれば2日、3日も容易のはず!一緒に頑張りましょー!

Smoking Killsをフォローする

Copyright© Smoking Kills All Rights Reserved.